IMG_20171119_142505HD

定期試験攻略開始!

本日19日より、浜進学会では
試験攻略講座が始まりました。
浜進学会の通常の継続授業は週3回、
それに加えてテスト前には日曜日をつかって
試験攻略講座を行います。
生徒たちは合計で週4回塾に来て
対策授業をうけることになります。

それだけではありません。
浜進学会各校舎では自習室も完備していますので、
毎日塾に来れる環境があります。

そして、毎日来ている生徒も多くいます!!
すごい!

試験攻略は2日間。
1日目は予想問題テスト会。
これは、浜進学会精鋭講師陣が
実際にテストの過去問題などを分析して作成した
オリジナルの予想問題になります。

昨日の金山駅前校舎では、多くの問題を4時間かけて解きました!

解き終わった後の、ある男の子は帰り際に
「先生!これだけやってなんか自信でたよ。」
と嬉しそうに言ってくれました。

実は彼のすごいところは
「先生同じものをください!」と言った事。
どうして?と聞くと
「良い問題だからもう一度家でやりたい!」
彼の向上心に感心するとともに、
こうやって、言ってくれるなんて
講師冥利につきるものです。

来週2日目があります。
2日目は対策授業です。
テスト範囲のみに絞った内容で、
授業を210分行います。
また授業後には個別の質問時間を設け
生徒の質問対応を行う予定です。

これだけの充実した学習環境を整えています。

何事も「量より質」と言われることがあります。
確かにそういうことも確実にあります。
質を高める努力と質の高い方法の実践は成功を約束してくれます。

しかしながら、多くの生徒たちと保護者の皆様はおっしゃいます。
「うちの子、勉強方法がわからなくて…」と。

勉強方法がわからなくても、講師が生徒に
・テスト範囲の出題傾向を伝える
・多くの演習量(演習問題)を実施する
・わからないことに対して十分な質問対応をする
ことが成功への1番の近道です。

例をとってみると
浜進学会のとある中3生はテスト直前の2週間で

①継続授業2週間分で約860分、14時間
②試験攻略講座2日分で、約480分、8時間
試験攻略講座の授業のテキストは、
すべて「予習型」
自宅で事前学習をしてきていただく形です。
塾内、授業内で解かせるといった
無駄な時間はありません。
だらだらとした時間は一切ありません。

③重要事項マスター講座2回分で420分、7時間

これだけの学習時間を確保しています。

また、授業が空いている曜日に自習に来れば、
それだけ時間、学習量が増えることになります。

多くの「量」をこなすことは、
「質」を凌駕することがあると信じています。

生徒の試験が始まる来週まで
この一週間
生徒をやる気にさせ続け、
集中して机に向かわせ
ともに汗を流して努力します。

IMG_20171119_142505HD
《中2の解説授業の様子》

IMG_20171119_170719HD
《どのクラスも満席で教室は熱気に溢れています》