SONY DSC

桜 咲く  

本日、17日は愛知県公立高校入試合格発表の日です。

発表の知らせを待ちます。
一気に電話が鳴りました。

電話口で喜んでいる彼女。
叫んでいる彼。
悔しい思いをしたけれど、それでもまっすぐな声でこれからを頑張りますと話してくれた彼。
1人ひとりの想いがありました。

この一年、時には叱り、注意し、褒め、一緒になって笑い、素晴らしい時間を過ごせました。
最後の授業の日に気持ちいい声であいさつをしてくれた彼ら彼女らの成長が心から嬉しく思います。

来年度もこの合格の日を素晴らしい一日にできるよう、今まで以上に誠心誠意指導を続けます。

 

 

自宅前の公園の桜のつぼみはまだ小さかったけれど、本日生徒たちの心の桜は大きく咲きました。
本当の桜が満開になるころ、それぞれの第一志望校に通学するようになります。

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの君たちに幸あれ!

 

 

合格実績】

向陽高校
昭和高校
天白高校
熱田高校
名古屋南高校

他多数

1

入試に全力で挑め!

本日来塾するなり昨日の入試の報告を生徒たちが一斉に話してくれます。

 

「問題の出され方がかわった!」

「先生が言っていた英作文のやり方だった!」

 

など生徒の受け取り方も様々です。

 

この1年中3の生徒達には精一杯授業をしてまいりました。

 

これが半年間で生徒が解いたテキストです。

1

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

熱い夏も寒い冬も乗り越えて通塾してくれました。

 

あと少しです。

緊張もあるだろうけど、自分の力を信じてがんばれ!

 

講師一同より

 

情熱

第一志望高校合格!!

先日、金山駅前校での出来事。

授業の終わりがけにふと玄関を見ていると、「ひょこっ」と顔を出した二人の生徒。
こちらが驚いていると、満面の笑顔で「先生合格!」と言ってくれました。
そう、合格結果を伝えに来てくれたのです。

私がおめでとう!と大きな声を出そうとしたところ、
二人とも口に手をあてて「しーーっ!!」とまだ居ること言わないでといった感じです。
どうして?と聞くと
「みんなに伝えたくて、一足先に合格したからねって」

授業が終わると一目散に教室に入って合格を伝えます。
仲間たちも歓声をもって迎えました。

後から聞くと、
「自分たちが受かったことを伝えてみんなにも勉強を頑張ってほしい」とのことでした。

仲間たちも
「次は私たちの番だからね」と
みんなが笑顔の時でした。

この仕事を長く続けていますが、この時期こそやる気がでます。
全員が第一志望に合格できるよう、残された時間を精一杯生徒指導を続けたいと思います。

情熱

img_0270

新中1 スタートゼミ 実施中!

現在浜進学会各校舎では、 中学生に上がる 小6のみなさんを対象に スタートゼミを実施しています。

スタートゼミは、今から中学内容をしっかりと予習するための講座です。

英語は丁寧にアルファベットを書けるように何度も添削しています。
1学期中間試験は英語の基礎から出題されます。
「私は大丈夫!」と思っていても、実際に書いてみると、ちょっとした間違いに生徒たちは気づきます
何度も書く練習をしたことで授業の最後にはみんなちゃんと書けていました。
アルファベットの次は、様々な単語、英文のつくり方と続きます。

数学は、中1数学の「正の数・負の数」から始まりました。
「マイナス」、「絶対値」など小学校のころにはなかった単語に戸惑いながらもしっかりと授業に取り組んでくれました。

はじめて学ぶことなので生徒の皆さんは、不安もあったようですが、
授業後、楽しそうに「よくわかった!」 と元気な声で挨拶してくれた生徒の笑顔が
これからも増えるように熱血指導を続けます。

img_0270

浜進学会では、新中1のイベント講座を多数準備をしています。
新年度に塾をお探しのみなさん!

浜進学会を体験してみてください!

2017-01-18-01-51-35

最後の試験にすべてをかけて

中学3年生は、冬期講習明けの今週より中学生活最後の定期試験に臨みます。
浜進学会3校舎では、11日から試験対策を行いました。
15日日曜日には、各校舎3時間以上の時間を確保し、試験対策を実施しました。

本日の授業でも生徒たちはテスト範囲の箇所を黙々と解きつづけていました。
集中して机に向かう生徒たちを後ろから眺めていると、まだ試験が終わったわけではないのですが、
なんとなく頼もしさを感じました。

今目の前にいる生徒たちは、もう1年以上一緒に学んでいる生徒ばかりです。
一年の成長を今生徒たちの背中から感じます。

この仕事は学力向上を目的としますが、
生徒の成長をすぐそばで見つめ、認め、支えることも大切な仕事だと考えています。

最後の最後まで、もう一問、あと一問まで誠心誠意生徒指導にあたります。

生徒が帰った教室のホワイトボードにあった彼の落書きにおもわず笑みがこぼれます。

2017-01-18-01-51-35

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ってこい!